スポンサーリンク

Google Map

スポンサーリンク

淡路島にあるアミューズメントパーク、淡路ワールドパークONOKOROが、大阪市内からのアクセスが便利なファミリー向けスポットとして話題です。

展示の内容は、世界の有名建築物18基を1/25で再現するミニュチュアパーク。

古代文明の彫刻・遺跡などを展示物にしたスペース。

世界の有名な童話8話を基にした、屋外展示物。童話の世界に入った気分に。

実際に乗ったり、体験したりするアトラクション多数。

兼高かおる旅の資料館

など、世界をテーマにしたテーマパークです。

ジェットコースターのような本格的なアトラクションは、ありませんが、小学生ぐらいまでのお子様なら、絶対楽しめる空間だと思います。

スポンサーリンク

淡路ワールドパークONOKOROとは?

ONOKOROの語源

日本神話で神様の矛先からおちた潮が固まってできた島の名前です。

日本を作ったと言われる2人の男女の神様は、オノコロで夫婦になって淡路島を生み、次々と他の島を生んでいったそうです。

ミニチュアワールド

世界の有名建築物18基を1/25で再現するミニュチュアパーク。まさに、インスタ映えを狙うなら、格好の場所です。

凱旋門

ピサの斜塔

 

ノートルダム寺院

ピサの斜塔

聖バシリー寺院

タージマハール

ノイシュバンシュタイン城

万里の長城

コロッセオ

ミニチュア建築物一覧

  • ピサの斜塔
  • アクロポリス
  • コロッセオ
  • タージ・マハル
  • 聖バシリー寺院
  • マスジット・イ・シャー
  • 万里の長城
  • ノートルダム寺院
  • セゴビア城
  • ピョートル噴水宮殿
  • ノイシュバンシュタイン城
  • ワット・アルン
  • 天壇
  • クライストチャーチ大聖堂
  • シヨン城
  • バッキンガム宮殿
  • 南大門
  • エトワール凱旋門
スポンサーリンク

遺跡の世界

イラン・エジプト・メキシコ・コロンビアの古代文明の彫刻、遺跡など5体が展示されています。

スポンサーリンク

童話の森

世界の有名な童話8話を基にした展示物が屋外に並び、童話の世界に迷い込んだような演出がなされています。

ジャックと豆の木

ヘンゼルとグレーテル

三匹の子豚

兼高かおる旅の資料館

ジャーナリスト兼高かおるが生前、1959年(昭和34年)から1990年(平成2年)までの31年間で自らナレーター、ディレクター、プロデューサーを兼務したTBS系テレビ番組『兼高かおる世界の旅』において取材した軌跡の一部が、1985年に淡路島にて開催された「くにうみの祭典」の会場の施設の一つとして建設された建物内部に展示されている。この番組で取材した国は150カ国にのぼり、その距離は地球180周分になる。 Wiki Pedia
スポンサーリンク

淡路ワールドパークONOKOROの遊戯施設は? 見所は?

アトラクション

芝すべり

3階建て立体迷路

大観覧車ONOKORO

メリーゴーランド

ロマンチックドライブ

海の見える足湯

アトラクション一覧

体験型アトラクション ライド系アトラクション 室内型アトラクション
  • ジップラインアドベンチャー
  • 芝すべり
  • アクアチューブ
  • シューティングレンジ
  • バズーカパイレーツ
  • ガンアリーナ
  • ワールドクルーズ
  • メリーゴーランド
  • 大観覧車ONOKORO
  • ファンタジートレイン
  • フレンチカフェ
  • ウォーターショット
  • ベイサイドカート
  • 周遊エコ列車 おのころ号
  • ロマンチックドライブ
  • クレイジープレーン
  • フロッグホッパー
  • ウォーターパレード
  • キッズランド
  • 3階建て立体迷路
  • 雪女~マイナス20℃の世界~
  • おっとっと
  • ゾンビの館
  • あそびワールド

アトラクションの詳細

恐竜のオブジェ

園内のいたるところに、恐竜のオブジェがあります。中には、動くオブジェもあります。

スポンサーリンク

淡路ワールドパークONOKOROへの交通アクセス

淡路ワールドパーク ONOKORO

住所
〒656-2142
兵庫県淡路市塩田新島8番5

TEL
0799-62-1192

FAX
0799-62-4664

車でアクセス

大阪・神戸方面より

阪神高速神戸線 第二神明道路 → 明石海峡大橋 → 津名一宮ICより約15分
名谷JCT(阪神高速湾岸線) 明石海峡大橋 → 津名一宮ICより約15分
垂水JCT(神戸淡路鳴門自動車道) 明石海峡大橋 → 津名一宮ICより約15分

岡山・姫路方面より

山陽自動車道 三木JCT(神戸淡路鳴門自動車道) → 明石海峡大橋 → 津名一宮ICより約15分

徳島方面より

鳴門IC(神戸淡路鳴門自動車道) 大鳴門橋 → 津名一宮ICより約15分

※駐車場 乗用車1000台、大型バス20台 無料

高速バスでアクセス

神姫バス三ノ宮バスターミナルより(約70分)

JR舞子駅高速舞子バス停より約45分 → ワールドパークおのころ 下車すぐ

料金 大人・3400円 子供・1700円

JR大阪駅・阪急梅田駅より(約1時間45分)

津名港ターミナル → 路線バス4番乗り場から洲本方面行きで約7分

JR徳島駅より(約1時間20分)

津名港ターミナル → 路線バス4番乗り場から洲本方面行きで約7分

スポンサーリンク

淡路ワールドパークONOKOROの料金

営業時間

営業時間 開園 閉園
3月~9月 9:30(平日10:00) 17:30
10月~2月 9:30(平日10:00) 17:00

※春休み期間中は、9:30~17:30

※ゴールデンウィーク中の営業時間は、変更する場合がございますので、ご確認ください。

※夏休み期間中は9:30~18:00

※天候等の理由により変更になる場合がございます。

休園日

年中無休

※各アトラクションの最終受付は、所要時間により異なります。
※アトラクションは不定休となります。
営業日・営業時間が各アトラクションにより異なりますので詳しくはお問合せください。
(淡路ワールドパーク ONOKORO TEL.0799-62-1192)

料金

入園料

一般 団体 障がい者
大人(中学生以上) 1,400円 1,200円 700円
こども(4歳~小学生) 700円 600円 350円

※3歳以下は無料。
※障がい者の方は障がい者手帳をご持参ください。
※障がい者1名につき付添1名半額

入園料+のりものフリーパス

一般 団体 障がい者
大人(中学生以上) 4,400円 4,200円 3,700円
こども(4歳~小学生) 3,700円 3,600円 3,350円

※アトラクションによって、別料金がかかる事があります。

ONOKORO淡路島のコンビニ割引前売券

淡路ワールドパークONOKOROのチケットはJTBコンビニチケットで割引購入できます!

料金は、下記の通り割引になってますのでご活用ください!

【入園券】

中学生以上:定価 1,400円 → 1,200円(税込)

4歳~小学:定価 700円 → 600円(税込)

 

【入園+フリーパス引換券】

中学生以上:定価 4,400円 → 4,200円(税込)

4歳~小学:定価 3,700円 → 3,600円(税込)

JTBコンビニチケットの詳細はコチラ

 

スポンサーリンク

淡路ワールドパークONOKOROの評判・口コミ

 

子どもは勿論、親も楽しめる♪ ★★★★☆

3歳と0歳の子どもを連れて遊びに行きました。暑い時期だったので、上の子はパパと乗り物、ママは下の子と室内の遊び場で涼しくゆったり過ごせたのが良かった!授乳室も各所にあり助かりました。足湯にも癒されました。

 

3歳と1歳半の子供を連れて ★★★★★

男の子2人を連れて行きました。3歳と1歳半。 両方ほぼ全てが無料で、夫だけフリーパスを購入し子供たちを連れてのせてくれました。 付き添いがあれば乗れますよといったものばかりで、2人ともが楽しめる遊園地でした。本当に素晴らしい施設だと思いました。 同じ年頃のお子さんをもつ方には絶対絶対おすすめです!子供も眠い目をこすりながら、まだ帰りたくないーーーーと名残惜しい様子でした。。。

 

 

幼児、小学生にオススメ ★★★★☆

小さい子も楽しめて、良かったですが、広くて歩くのが疲れてグズられました。。。 連休最終日に行きましたが、お客さんも少なめで待ち時間などなくのんびり過ごせました。

スポンサーリンク

まとめ

公式PRビデオ

Youtuberによる体験紹介映像

アトラクション全体の印象は、小学生ぐらいまでの児童向けになっていますが、インスタ映えするミニチュアパーク等、大人も楽しめる工夫があります。

また、シューティングレンジや、ガンアリーナのように、モデルガンを撃つ、大人向けのアトラクションもあります。

意外に好評なのが、瀬戸内海の絶景を目前にした足湯です。

アトラクションは、順番になるので、混むものは待ち時間がかかりますが、園内を周って楽しむ分には、日曜祭日でも、人で溢れる事は無いとの事です。

平日ですと、ガラガラとの情報があります。

乳幼児向けの施設やオムツ用ゴミ箱なども完備していて、幼稚園児ぐらいのお子様連れでも、心配なく来園できます。

ただ、島ですので、海風対策は必須です。羽織る物は、別に準備していきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク