スポンサーリンク

今やバラエティ番組に引っ張りダコのバイオリニスト・木嶋真優さんが、12月13日(金)放送の【ダウンタウンなう】に出演されます。

スポンサーリンク

天才で美人だけど天然キャラで人気上昇中の真優さんですが、実は世界に認められる天才バイオリニストなんですよね。そんな木嶋真優さんの気になる年収や実家の父親母親の職業などについて調査してみました。

スポンサーリンク

木嶋真優は世界的天才バイオリニスト!

ではまず、木嶋真優さんのプロフィールと経歴をご紹介します。

木嶋真優プロフィール

名前:木嶋 真優(きしま まゆ)

生年月日:1986年12月13日(32歳)

出身:兵庫県神戸市

血液型:A型

学歴:ケルン音楽大学(ドイツ)

所属:ジャパン・アーツ、ワタナベエンターテインメント

経歴

3歳半からバイオリンを始め、京都の子供向け音楽コンクールで3年連続金賞受賞し、9歳で既にオーケストラ・デビューと早くから天才少女ぶりを発揮していたようです。

小学校と中学校は小林聖心女子学院に通っていたのですが、中学2年の時に参加したバイオリニスト、ザハール・ブロンのセミナーで「今すぐ留学した方がいい」とブロンにアドバイスを受け、言われるままに2001年10月、ケルン音楽大学ヤングコースへ留学。同大学教授であるブロンに師事し、本格的にバイオリニストとしての技術習得に専念したそうです。

ブロンは木嶋さんの才能を高く評価し、著名な音楽家に紹介したことでヨーロッパでの様々な演奏会に参加すると同時に、その実力は世界中に注目されました。

2012年春にはケルン音楽大学を首席で卒業、2015年に同大学院をこれまた首席で卒業し、ドイツの国家演奏家資格を取得しています。まさに、バイオリン界の超ハイスペック女子ですね!

スポンサーリンク

木嶋真優は天才で美人だけど天然?

このように木嶋真優さんは、生まれ持った天才気質のみならず、幼少期からバイオリン一本のストイックな生活をしてきたわけです。そんな中でも、その美しすぎる美貌が注目され、「美的」や「Frau」など数々のファッション誌にも掲載されています。

木嶋さんのSNSには、モデル並みのファッショナブルなお写真がたくさんアップされていますよ。

木嶋真優さんのInstagramはこちら

そんな天才美人バイオリニストの木嶋さんが、実は超ド天然だと言う事は、徐々に知られてきていますよね。

本人も自覚はあるようで、以前出演したバラエティ番組放送前には「素で自由すぎて怖すぎる」と本人も不安気でした。

天然のバイオリニストと言えば、高嶋ちさ子さんが思い浮かびますが、高嶋さんに続く天然ぶり。また、高嶋さんも木嶋さんのバイオリンテクニックは絶賛されています。

12月13日(金)21時55分~22時52分放送の『ダウンタウンなう【今年のニュースを斬りまくる!人気女子集結の忘年会で大波乱!】』では、どんな天然ぶりを発揮してくれるのか、楽しみですね!

スポンサーリンク

木嶋真優の年収は?

演奏会やコンサートで世界中を飛び回り、テレビ番組への出演などで大活躍の木嶋真優さんですから、さぞかし高収入であろうことは予想されますよね。そこで気になるのが年収です。

一般的にオーケストラで演奏するバイオリニストの年収は、約400~500万くらいなんだそうです。

木嶋さんの場合、それに加えてCDの発売やソロコンサート、芸能活動もありますのでおおよそ2,000万くらいではないかと推測されます。

芸能活動をされる前から、バイオリニストとして十分稼いでいらっしゃったとは思いますが、ブレイク中の今、さらに年収はアップされる可能性も大ありですよね。

スポンサーリンク

木嶋真優の実家と両親の職業は?

幼いころからバイオリンを習うなんて、普通のサラリーマン家庭ではなかなか叶わない事。実家もお金持ちに違いない!と思いますよね?

これまでの調べでは、お父様はどのような仕事をされているのか定かではありませんが、音楽関係の仕事ではないか、と言われています。お母さまはピアノの演奏家のようで、音楽がある環境で育ったことは間違いありません。

お父様は一人娘の真優さんに早くから楽器を習わせたかったようで、お母さま同様ピアノにしようかと思ったのですが、小さい真優さんの指ではうまく演奏できないため、バイオリンにしたそうです。

いずれにしても、3歳からバイオリンを始め、中学でドイツ留学が可能なお金持ちのご家庭に育ったことは間違いなさそうですね。そして、数々の天然エピソードは、お金持ちゆえに起こった出来事も多いので、そのエピソードを思うと、かなりのお金持ちのお嬢様だと想像されます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、天才で美人だけど天然な真優さんについてまとめましたが、いかがでしたか?天才と天然のギャップが人気の秘密だと思いますが、これからも素晴らしい音楽と天然ぶりを届けて欲しいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク