スポンサーリンク

 

2019年12月25日(水)19時からフジテレビ系にて放送の「世界の何だコレ!?ミステリー&林修のニッポンドリル合体4時間SP」に俳優でラッパーの板橋駿谷(いたばし しゅんや)さんが出演されます。

スポンサーリンク

今回は、板橋駿谷(いたばし しゅんや)さんについて調査したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

板橋駿谷(いたばし しゅんや)のwikiプロフィール・年齢・身長・血液型・出身・所属事務所など

 

それでは、板橋駿谷(いたばし しゅんや)さんのプロフィールを紹介していきましょう。

 

 

板橋駿谷(いたばし しゅんや)のプロフィール

 

生年月日 : 1984年7月1日(35歳)

出身地  : 福島県須賀川市

身長 : 178cm

血液型 : A型

職業 : 俳優・ラッパー

ジャンル : 舞台・映画・テレビドラマ

活動期間 : 2005年~

所属事務所 : ジャングル

 

板橋駿谷(いたばし しゅんや)の経歴

 

日本大学芸術学部演劇学科在学中の2004年に沼袋の小劇場で初舞台に立たれ、同学科所属の田川啓介さん、高縁貴彦さん、澤田慎司さんらとともに2005年1月に劇団掘出者を結成して俳優として活動されます。

2008年に大学卒業後、大学の後輩である三浦直之さんからの誘いに応じて三浦さん主宰の劇団ロロに2009年の旗揚げより参加し、2010年に正式団員となります。2009年の舞台「はちみつ」(こゆび侍)により2009年度佐藤佐吉賞にて最優秀助演男優賞を受賞されます。

映画では、奥田庸介監督の自主制作映画「青春墓場」3部作で初めて映画に出演し、第2作「青春墓場〜問答無用〜」と第3作「青春墓場〜明日と一緒に歩くのだ〜」に主演されます。後者はゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010のファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門にてグランプリを受賞し、劇場公開ならびに海外映画祭に出品されます。2012年には念願だった入江悠監督の「SR サイタマノラッパー」シリーズの第3作「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」に出演、その後も「日々ロック」など入江監督作品に多く出演されます。

2015年3月には北尾亘さん(Baobab)、永島敬三さん(柿喰う客)、福原冠さん(範宙遊泳)とともに同世代の俳優・ダンサー4名で演劇集団「さんぴん」を旗揚げし公演を行われます。

2017年には日本の観光スポットや特産品の紹介を目的とした福島中央テレビ制作の連続ドラマ「絶景探偵。」シリーズに主演されます。国内に加え、タイではタイ語吹き替えで、台湾では中国語(繁体字)の字幕つきで放送されます。その後、NHKの朝ドラ「なつぞら」に34歳で高校生役を演じて注目を浴びます。

 

スポンサーリンク

板橋駿谷の出演

 

映画

『青春墓場〜明日と一緒に歩くのだ〜』(2010年)

『クズとブスとゲス』(2016年)

『超高速!参勤交代 リターンズ』(2016年)

 

テレビドラマ

『クローバー』(テレビ東京)

『絶景探偵。』(福島中央テレビ)

『SRサイタマノラッパー〜マイクの細道〜』(テレビ東京)

『連続テレビ小説 なつぞら』(NHK)

 

スポンサーリンク

板橋駿谷のSNS・オフィシャルブログ

 

板橋駿谷さんは、TwitterとInstagramを公開されています。

 

 

スポンサーリンク

板橋駿谷はラッパー?ラップ動画は?

 

板橋駿谷さんは、ヒップホップユニットの餓鬼レンジャーに憧れて、中学3年で作詞を始め、高校1年の時に3人グループで初めてステージに立たれています。しかし俳優との二足のわらじはあきらめ趣味と位置付けられます。

しかしラッパー役で出演した映画「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」をきっかけに、TOKYO NO.1 SOUL SETのBIKKEとTAICHI MASTERのサウンドプロデュースによる6人組ヒップホップユニット「HELクライム」を結成して「HELベロス」のステージネームで活動されます。2016年にはポチョムキン、BIKKEらによる7人組ヒップホップ集団「チョームー一族」に参加されます。

 

☆『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』に出演の駒木根隆介さんについてはこちら!

べしゃり暮らし「ねずみ花火」の花田稔は誰?駒木根隆介のwikiプロフを調査!

 

 

スポンサーリンク

板橋駿谷の父親は長沼で板橋建設?母親や兄弟は?

 

板橋駿谷さんは、2つブログを開設されているのですがそのうちの1つのブログ名は「(有)板橋建設」で「倒産した実家に名前」と書かれていました。

調べてみましたところ、やはり板橋さんの父親は有限会社板橋建設を福島県にて経営されていました。しかしバブル後に破産し2007年には倒産してしまったようです。その影響もありご両親は離婚をされています。

その後、父親は一人暮らしをしながら推理作家を目指されているようです。一方母親は、ガンを患い他界されています。

また板橋さんには、お兄さんとお姉さんがいるようです。板橋さん自身は「自分は末っ子だ」と発言されているようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、「世界の何だコレ!?ミステリー&林修のニッポンドリル合体4時間SP」に出演される板橋駿谷さんを調査しました。

板橋駿谷さんは、テレビや映画・舞台などの俳優活動やラッパーとしての活動の他に一人芝居というものもされています。2014年に発表された「俺の歴史」というものです。

板橋さんが、この一人芝居をしようと思ったきっかけは、闘病している母親を元気づけるためだったそうです。板橋さんの人柄が偲ばれますね。

 

今回もお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク