スポンサーリンク

 

Anker PowerPort Atom PD4 写真

スポンサーリンク

IT Media

アンカー・ジャパンは、2019年4月23日に発売したUSB充電器「Anker PowerPort Atom PD4」において、電解コンデンサーの液漏れと発煙が生じた為、製品の回収と返金を行うと発表しました。

対象製品は、USB-CポートとUSB-Aポートを各2個備えたUSB PD充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」。

製品を所有している場合には、オンラインまたは電話にて、回収及び、返金の手続きが行えます。

アンカーと言えば、急速充電器、ケーブル、バッテリーの分野では、有名ブランドです。

おそらく、スマートフォンを持っている人で、このメーカーの製品を持っていない人は少ないのではないかと思われます。

今回、不良品を出荷してしまった経緯について、調べてみました。

スポンサーリンク

アンカー充電器が発煙

ユーザーからの報告で、電解コンデンサーの液漏れと、発煙が生じたとの報告があり、調査した結果、同型器の回収を決定しました。

原因は、製造時に発生した不良品40個を、廃棄処理する予定だったのに、管理の不手際で出荷してしまった事にあるそうです。

既に、この製品の出荷及び製造は、停止しています。

スポンサーリンク

商品名と連絡先、対応

商品名と連絡先

製品名 Anker PowerPort Atom PD 4 (100W PD対応 USB-C & USB-A 4ポート 急速充電器)

オンライン:https://www.ankerjapan.com/pd4-support.html(24時間)
電話:0120-253-004(平日9~17時)

商品の特徴

複数の機器を同時に急速充電できる4個のポートを持ち、USB-Type Cの急速充電規格であるPower Deliveryと、Ankerが独自開発した急速充電規格であるPowerIQに対応しています。

ポートのサイズは、USB Type-C×2、USB Type-A×2の計4ポートです。

スポンサーリンク

Anker(アンカー)の会社概要

Googleの元社員が設立した、アメリカの会社で、日本法人のアンカー・ジャパンを設立しています。

急速充電器・バッテリー・ケーブル・スマホ、PCの周辺機器では、有名メーカーであり、スマートフォンを利用している人で、知らない人は無いくらいのブランドです。

急速充電器というのは、なかなかにハイテクな分野で、安定した電源供給を実現するのは、難しいと言われています。

少し前に、サムスン製のスマートフォンが、充電中に発火した事故が起きた時に、サムスンの幹部が「規格に合わない充電器を使ったのではないか」と発言して、「人のせいにするな」と非難を浴びた事がありましたが、恐らく多機能携帯時代から、色々な急速充電器を使ってきた人は、案外納得したのではいでしょうか。

それぐらい、急速充電器に関係した事故というのは、起きていて、最悪の場合、スマートフォンを巻き込んで、一緒に故障してしまう例もあります。

恐らく、スマートフォンの周辺機器の中で、一番値段をケチっては、いけない機器です。

Anker(アンカー)のブランドは、その点で安心感のある実績を持っているのですが、今回の回収騒動は、残念ですね。

スポンサーリンク

Twitterの反応

スポンサーリンク

まとめ

今回のAnker(アンカー)の対応は、おおむね好意的に受け取られているようです。

製品の設計ミスなど、根本的な問題ではなく、廃棄予定の不良品が出荷製品に混在したのに、全品回収という判断が好印象だったようです。

Amazonのレビューを見ると、5星の高評価が並ぶ一方で、「一週間で充電できなくなった」「異常な発熱がある」「充電ができない」等、星1の低評価も30%弱あります。

どうも、製品の性能にばらつきがあるような印象です。不良品40個限定の問題にしては、不良を訴えるユーザーの数が多すぎるような気がします。

ブランドとしての実績は、今まで積み重ねているので、ぜひ良質な製品を供給してもらいたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク