スポンサーリンク

 

2019年7月7日からラグビーを題材としたドラマ「ノーサイドゲーム」が始まり、9月からはラグビーワールドカップが日本で開催されラグビー熱が徐々に盛り上がってきています。

スポンサーリンク

ラグビーは知らない人にとっては「ルールが難しい」など疑問点が多いスポーツですが、今回はいろいろあるラグビーの疑問から「ハカ」というものを取り上げます。

 

スポンサーリンク

ハカとは?

 

ハカとはラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)が国際試合前に舞う民族舞踊です。英語では「ウォークライ」(War Cry)と呼ばれています。

元々はニュージーランドの先住民族であるマオリ族の戦士が戦いの前に、手を叩き足を踏み鳴らし自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞踊で、現在ではニュージーランドへの観光客を歓迎するために披露されたり、国内では結婚式、卒業式、開会式、歓迎式典、意外なところでは葬儀で披露されているそうです。

 

スポンサーリンク

ハカの歴史と種類

 

ラグビーにおけるハカの歴史は、1905年のニュージーランド代表(オールブラックス)がイギリス遠征をした際に初めて披露し、以後代表チームの伝統として踊られています。

ハカにはいろいろな種類がありオールブラックス・スーパーラグビー・ニュージーランドの各チームがオリジナルのハカを踊っています。

その中でもオールブラックスが踊るハカには2種類あります。

名前は「カマテ(Ka Mate)」と「カパオパンゴ(Kapa O Pango)」と言い、重要な試合の前には「カパオパンゴ」、その他の試合では「カマテ」を踊っているそうです。

 

スポンサーリンク

ハカの歌詞と意味、日本語訳

 

ここまでハカについて説明してきましたが実際に見た方は「踊っている時に歌を歌っているけどなんて言う意味なんだろう?」と思いますよね?

 

歌詞の説明をする前に、ハカには歌及び踊りを先導するリードと呼ばれる役割があり、オールブラックスの伝統として代表選手の中のマオリ族の血を引く選手が行っています。現在のオールブラックスではTJ・ペレナラ選手が行うことが多いそうです。

 

さて肝心の歌詞ですが、ハカの動画を視聴した後に確認されることをお勧めします。

まずは「カマテ」

歌詞及びその意味は、

リード Ka mate, ka mate!(カ マテ! カ マテ!)『訳:私は死ぬ! 私は死ぬ!』

コーラス ka ora! ka ora! (カ オラ、カ オラ!) 『訳:私は生きる! 私は生きる!』

リード Ka mate, ka mate!(カ マテ! カ マテ!)『訳:私は死ぬ! 私は死ぬ!』

コーラス ka ora! ka ora! カ オラ、カ オラ!)『訳:私は生きる! 私は生きる!』

     Tēnei te tangata pūhuruhuru (テネイ テ タナタ プッフル=フル)

    『訳:見よ、この勇気ある者を。』

Nāna nei i tiki(ナア ネ イ ティキ)『訳:ここにいる毛深い男が』

     mai whakawhiti te rā(マイ ファカ=フィティ テ ラ!)『訳:再び太陽を輝かせる!』

     Ā, upane! ka upane!(ア ウパネ! カ=ウパネ!)『訳:一歩上へ! さらに一歩上へ!』

Ā, upane! ka upane!(ア ウパネ! カ=ウパネ!)『訳:一歩上へ! さらに一歩上へ!』

     whiti te ra!(フィティ テ ラ!)『訳:太陽は輝く!』

 

次に「カパオパンゴ」

歌詞及びその意味は、

リード Taringa Whakarongo!『訳:よく聞け!』

Kia Rite! Kia Rite! Kia Mau!Hi!『訳:準備して並べ!』

Kapa O Pango kia whakawhenua au I ahau!

『訳:オールブラックスよ、国をひとつにさせてくれ!』

コーラス Hi aue ii!『訳:今だ!』

リード Ko Aotearoa e ngunguru nei!『訳:鳴動する我らの国よ!』

コーラス Au, au aue ha!『訳:今こそ、我が奮起する時!』

リード Ko Kapa O Pango e ngunguru nei!『訳:それこそが我らをオールブラックスたらしめる!』

コーラス Au, au, aue ha!『訳:今こそが その時だ!』

リード I ahaha!『訳:輝く時だ!』

全員  Ka tu te ihiihi『訳:我々が支配し

Ka tu te wanawana『訳:その優位は偉大なる勝利となり

Ki runga ki te rangi e tu iho nei, tu iho nei ihi !『訳:敬われ高く掲げられる

リード Ponga ra!『訳:シルバーファーン!』(オールブラックスのマーク『シダの葉』)

コーラス Kapa O Pango, aue hi!『訳:我々はオールブラックス!』

リード Ponga ra!『訳:シルバーファーン!』

コーラス Kapa O Pango, aue hi!『訳:我々はオールブラックス!』

 

スポンサーリンク

ノーサイドゲームに登場するハカ

 

現在TBS系で日曜21時から放送中の「ノーサイドゲーム」でハカの歌詞が登場します。

主人公・君島(大泉洋さん)が左遷され、お荷物のラグビーチームのGMまで任されるのですが、チームの現状を知るつれ、立て直すことが不可能だと社長・島本(西郷輝彦さん)に告げました。

そんな君島に島本は「君はハカを知っているのか?」と尋ねるのです。そしてこう続けます「私は死ぬ、私は死ぬ、私は生きる! 私は生きる!見よ。この勇気ある者を。ここにいる男たちが再び太陽を輝かせる!一歩上へ! さらにもう一歩上へ!輝く太陽の中! !」

これはまさしく「カマテ」の歌詞ですね。

「死ぬかもしれない。けれど仲間がいて命がけで今を戦う、どんな状況でもあきらめない。その姿に惹かれて応援している」と島本は熱いラグビー愛を語るのです。

やはりラグビーを題材にしたドラマ。いい題材をセリフにしますね。

 

☆「ノーサイド・ゲーム」のキャストとあらすじはこちらの記事をお読みください!

ノーサイドゲームキャストとあらすじ!原作は?主題歌は?最終回ネタバレも

 

スポンサーリンク

ハカのわかりやすい踊り方

 

ここまで読まれた皆さん「一度ハカを踊ってみたい!!」と思っていませんか?

そんな人のために踊り方を紹介したサイト・動画を紹介します。

『NZdaisuki.com』のサイトには、ハカの踊り方を図解したサイトがあります。

『NZdaisuki.com』のハカの踊り方はこちらから

 

また、踊り方を紹介する動画も存在しています。

 

踊りは上半身のみで分かりにくいかもしれませんが、歌詞が字幕でつくので分かりやすいかと。

またCGが踊っている動画も(踊りは一番わかり易いかも)

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ハカについて調べてみましたがいかがだったでしょうか?ハカは昔は戦いの前に相手を威嚇する踊りだったのですが、現在では相手に対し敬意や感謝の意を表する舞として披露されています。調べてみると日本の学生や社会人が仲間のチームワークを高めるために踊る例もあるそうです。皆さんも仲間と一緒に踊ってみませんか?

今回も記事をお読み頂きありがとうございました。

 

☆こちらの記事もよく読まれています

ノーサイドゲームキャストとあらすじ!原作は?主題歌は?最終回ネタバレも

ノーサイドゲームに竹内涼真の出演は?キャストとあらすじ!原作は?

ノーサイドゲームのラグビー部GM君嶋隼人は誰?大泉洋の妻や子どもや兄弟は?インスタやブログも

ノーサイドゲームの帰国子女の七尾圭太は誰?眞栄田郷敦(まえだごうどん)は本名?父母や兄弟は?インスタやツイッターも

ノーサイドゲームの社長島本博は誰?西郷輝彦の妻や子どもは?癌のステージは?

佳久創(かくそう)の筋肉とwikiプロフがスゴい!俳優・声優・元ラグビー選手でノーサイドゲームも出演!

郭源治の現在は?星野仙一との関係は?息子は俳優でノーサイドゲームにラグビー選手で出演!

林家たま平の家系図・身長・wikiプロフィールがスゴい!ラグビー部で筋肉もヤバイ!

救心錠剤CM俳優は誰?スーツ男性の高橋光臣のwikiプロフィール・嫁や子供も調査!

スポンサーリンク
スポンサーリンク