スポンサーリンク

朝日新聞

スポンサーリンク

中年男性が、炎天下にシャツから腹を出して暑さをしのぐ行為を、「北京ビキニ」と呼んで、中国では広く定着しています。

しかし、この度、当局が「非文明的」として、このスタイルで出歩く事を規制する動きに出ました。

北京は、夏には暑くなる地域で、北京オリンピックの時も、夜中に寝巻きのまま歩き回るスタイルが、北京市の肝いりで、禁止行為になりました。

若者からは、こうした規制の動きを歓迎する声が多いですが、年配の方からは、夏の風物詩となっている独特の避暑対策が無くなるのは、寂しいという声が出ています。

賛否両論のある「北京ビキニ」規制について、調べてみました。

スポンサーリンク

北京ビキニとは?画像も

百聞は、一見にしかずです。まずは、実物を見てみて下さい。

つまり、上着をはだけて、シャツをめくりあげて、お腹や胸を外気に晒すスタイルで歩き回る事ですね。

昭和の時代にいた、ランニングシャツ一枚で歩き周っている、おじさんと同じ感じですね。

スポンサーリンク

北京ビキニの禁止理由

当局から「非文明的」と断定されたようです。

ここのところ、当局は、「シャツを脱いだ状態」や「体のみだらな露出」など、公共の場所での不適切な格好を取り締まる方針で、他にも公共の場所での口論、列を飛ばす行為、ごみのポイ捨て、「非文明的な犬の散歩」が規制対象になっているようです。

もっとも、若年者の間では、みっともない行為として、積極的に行う人は殆どおらず、高齢者・中年層の夏の風物詩と化しているようです。

全体的にも自然に見られなくなっているようですが、なかなか習慣というのは変えられないので、一部では根強く残っています。

スポンサーリンク

北京ビキニの罰則

全国的な規制というよりは、自治体単位の規制になるので、地域によって罰則は違うようです。

北京に近い沿岸部の天津市では5月、シャツを着ずにスーパーで買い物をしたとして、男性が罰金を科される事案も起きています。

天津市は今年、上半身裸になる行為を禁じる法令を導入していました。

スポンサーリンク

北京ビキニの規制に対する反応

スポンサーリンク

まとめ

若い層からすると、積極的に自分でやる気は無いけど、おじさん達が、そういうスタイルで歩き回る事について、余り厳しい批判は無いようですね。

北京の夏は、真夏日が当たり前な程暑いので、外を出歩くなら、涼をとるのにエコロジーな方法だと養護する声もあります。

北京ビキニよりも、歩きタバコを取り締まれという声もありましたね。

共産党関係者等には、徹底されているようで、罰金刑にしている自治体が多いようなので、徐々に無くなっていくのかも知れません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク