スポンサーリンク

皆さんの朝起床してからのルーティンってなんでしょうか?

スポンサーリンク

私は、まずテレビをつけて情報番組で朝を感じるのですが、そういう方も多いと思います。

今回は朝の情報番組の中でもフジテレビ系の「めざましテレビ」、そのなかでも「めざましマンスリープレゼンター」について調査していきます。

 

スポンサーリンク

めざましマンスリープレゼンター8月は梶裕貴(かじゆうき)!

 

めざましマンスリープレゼンターとは、めざましテレビ内で火曜日のエンタメコーナーや「イマドキ」「めざましじゃんけん」に登場するほか、7時台はMCの1人として番組終了まで出演し、軽部真一アナウンサーとともに進行の役目を担います。

このマンスリープレゼンター7月担当の大貫勇輔さんから8月は、梶裕貴(かじ ゆうき)さんが担当することになりました。

 

スポンサーリンク

梶裕貴(かじゆうき)のwikiプロフィール・年齢・身長・出身など

 

それでは、梶裕貴(かじ ゆうき)さんのプロフィールを紹介しましょう。

 

梶裕貴(かじゆうき)のwikiプロフィール

生年月日 : 1985年9月3日(33歳)

出身地  : 埼玉県坂戸市

身長 : 170cm

血液型 : O型

職業 : 声優・ナレーター・歌手

ジャンル : アニメ・ゲーム・吹き替え・ナレーション

活動期間 : 2004年 –

所属事務所 : ヴィムス

 

梶裕貴さんは、2003年「アーツビジョン無料新人育成オーディション」に合格され、2004年にPlayStation 2用ゲーム「帝国千戦記」で声優デビューされます。2006年には『ふしぎ星の☆ふたご姫』でテレビアニメデビューもされます。

歌手としては、2012年シングル「sense of wonder」でデビューされます。

その後、数々のアニメキャラクター・ゲームキャラクター・映画の吹き替え・ナレーションを行われています。

 

梶裕貴(かじゆうき)の出演・キャラ・歌

主なアニメキャラ

『進撃の巨人』 エレン・イェーガー

 

『七つの大罪』 メリオダス

 

『マギ』 アリババ・サルージャ

 

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』 広瀬康一

 

『アオハライド』 馬渕洸

 

 

テレビドラマ

『5→9〜私に恋したお坊さん〜』声の出演

『遊戯みたいにいかない。』

 

シングル

『sense of wonder』

『Hello!』

 

スポンサーリンク

梶裕貴(かじゆうき)のTwitter(ツイッター)

 

梶さんは、ツイッターを公開されているのですが、2013年1月より休止中だそうです。

代わりに、「梶裕貴@staff」としてスタッフさんが情報を公開されています。

また、「梶裕貴のひとりごと」 アカウント:@kaji1134 としてラジオ番組のアカウントを持っておられます。

 

スポンサーリンク

梶裕貴(かじゆうき)のインスタグラム

 

梶さんは、インスタグラムは公開されていませんが、ファンが梶さんの写真をアップするアカウントを公開されているようです。

 

梶裕貴(かじゆうき)のオフィシャルブログ

 

梶さんは、オフィシャルブログは開設されていません。また以前は、「梶裕貴Official Web Site」が存在していたのですが、2015年5月21日をもち閉鎖されています。

またいつの日か情報発信してくれるといいですね。

 

スポンサーリンク

梶裕貴(かじゆうき)の結婚相手(妻)は竹達彩奈?ピピ美婚とは?

 

梶さんは、2019年6月23日に同じ大人気声優の竹達彩奈(たけたつ あやな)さんと結婚されています。

 

このお二人の結婚を「ピピ美婚」と呼び話題になっていますがなぜでしょうか?

TOKYO MXなどで放送されているテレビアニメ「ポプテピピック」という作品は、30分枠のうち前半15分の内容を後半15分で声優だけ変えて再放送するという異色な演出を行っています。

この「ポプテピピック」にて梶さんが6話後半で、竹達さんが2話前半でピピ美役を演じています。これによって「同キャラ『ピピ美』を演じる声優が結婚した!」と話題になり「ピピ美婚」と呼ばれるようになりました。

この作品の原作者大川ぶくぶさんも以下のようなイラストをツイッターに投稿し祝福しています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、8月のめざましマンスリープレゼンターを担当する梶裕貴さんについて調査しました。

今回初めて知ったのですが、声優さんの仕事量というのはとても多いのですね。今回紹介したアニメキャラクター以外に書ききれないぐらいのキャラクターを演じられています。自分なら間をあけてもう1回お願いされたらどんな声だったのか忘れると思います(笑)

 

今回もお読み頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク