スポンサーリンク

 

今回はサーファーとして活躍されている高橋みなと選手について調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

サーフィンは2020年東京オリンピックの競技として注目されていますね。高橋みなと選手も東京オリンピックでの活躍が期待されています。

そんな高橋みなと選手のプロフィールや出身校などについて詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

高橋みなとのwikiプロフィール・年齢・高校・身長・体重・出身など

早速内容に入っていきたいと思いますが、まずは高橋みなと選手のプロフィールを見ていきたいと思います。

名前:高橋みなと(たかはしみなと)

生年月日:1993年8月9日

年齢:24歳

出身地:宮城県仙台市

身長:158cm

体重:52kg

高校:聖和学園

 

スポンサーリンク

高橋みなとの経歴・エピソード

ここでは高橋みなとさんの経歴やエピソードを見ていきたいと思います。

高橋みなとさんはサーファーである父とウインドサーファーの母の間に生まれました。サーファー一家ですね。

小さい頃から海が身近にある生活が当たり前で自然とサーフィンを始めるようになったそうです。

小学3年生の頃から本格的にサーフィンを始め、早朝からサーフィン、学校に行って放課後もサーフィンと充実した環境の中で毎日のように練習をしていたそうです。

 

しかし、東日本大震災が起こってから、ホームポイントでもあった仙台新港をはじめ、宮城県の海や沿岸部全体が壊滅してしまいサーフィンをすることが不可能になってしまいます。サーフィンは海がないと出来ない競技。この時の高橋みなと選手は絶望的な気持ちになったと思います。

しかし、ご両親の支えもあり、青森や山形まで車で送迎をし、なんとか練習が出来る環境を探してくれたそうです。とても良いご両親ですね。

そのような環境の中、9月22〜25日に千葉で行われたJPSA日本プロサーフィン連盟の公認大会でプロ資格を獲得し、デビュー戦で4位入賞を果たしました。

小さい頃からの夢でもあったプロサーファーになり、高橋みなとさんも嬉しかったのではないでしょうか。

高橋みなとさんは海から離れてしまった方々に

もう一度海に戻ってきて欲しい。

海の素晴らしさ、サーフィンの魅力を伝えたい。

と言っていました。そんな強い思いを持って日々海と向き合っています。

 

スポンサーリンク

高橋みなとのサーフィンの主な戦績・実績

ここでは高橋みなとさんのこれまでの戦績や実績をまとめました。

 

【2008年】

・ジュニアオープン:ガールズ2位

・全日本ガールズ:2位

・ALL JAPANウィメン:2位

 

【2010年】

・全日本ガールズ:3位

・ALL JAPANウィメン:2位

・Murasaki Pro Jrガールズ:優勝

など

 

【2011年】

Oakley Pro Junior:優勝

・マニィーバーラインカップ:4位(プロ資格獲得)

 

【2012年】

ROXY Challenge IZU:2位

Oakley Pro Junior:2位

ROXY Challenge IKUMI Open:優勝

ROXY Challenge Hyuga:2位

など

 

【2013年】

Go Pro JUNIOR Girls:優勝

・年間総合ランキング:8位

など

 

【2014年】

・田原オープン:5位

・ALL JAPAN PRO:5位

・鴨川naoプロ:3位

・年間総合ランキング:5位

など

 

【2015年】

・ガルーダインドネシア旅工房ムラサキプロ:3位

・ALL JAPAN PRO:5位

・新島プロ:3位

24SURF presents 鴨川naoプロ:3位

・年間総合ランキング:4位

など

 

【2016年】

24SURF_presents 鴨川 NAO プロ:3位

・ブルーエコシステムプロ:5位

・年間総合ランキング:4位

など

 

【2017年】

・夢屋サーフィンゲームス田原オープン:3位

・年間総合ランキング8位

など

 

【2018年】

・ガルーダインドネシア旅工房ムラサキプロ:3位

・茨城サーフィンクラシックさわかみ杯:3位

・年間総合ランキング:5位

 

スポンサーリンク

高橋みなとのTwitter(ツイッター)

調べてみたところ、高橋みなと選手はツイッターを公開していませんでした。そこで高橋みなと選手に関連したツイートを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

高橋みなとのInstagram(インスタグラム)

高橋みなと選手はインスタグラムを公開していました。

サーフィンをしているところなど、オシャレな写真が多いですね。

 

スポンサーリンク

高橋みなとのオフィシャルブログ

高橋みなと選手はオフィシャルブログも公開していました。

高橋みなとオフィシャルブログ

2018年の4月で更新が止まってますが、気になる方は是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク

高橋みなとがかわいい画像!水着も!カップサイズも調査!

高橋みなと選手はとても可愛くてスタイルが良いと話題になっていますね。

気になるカップ数は公表されていませんでしたが、画像などを見た感じ「B〜Cカップ」くらいじゃないかなと思います。

それではそんな可愛い高橋みなと選手の画像をいくつか見ていきましょう。

View this post on Instagram

台風対策ばっちりですか? 東日本大震災はいきなり来たけど、来るとわかっているものは備えられるから。 あちこちで必要なものが売り切れになっているけど、できる限りのことはして備えよう。 サーファーのみんな、いつも使ってるバケツやポリタンクがとっても役に立つ時が来たよー! 水溜めてね!!! きっと電波もなくなって、みんなとの連絡も途絶えてしまうかもしれないけど、 どうかご無事で!!!!! あとはみんなで台風の進路が逸れることを祈ろう🙏🏽🙏🏽🙏🏽 一生のお願いここで使おう!!!!!

A post shared by MINATO TAKAHASHI / 高橋みなと (@minaaaaato) on

View this post on Instagram

. その日の日焼けを無かったことにできるスーパーアイテム😭✨ . 海上がりはパパッとケアできるジェルを🏄‍♀️ その日の夜はお風呂でパック🧖🏽‍♀️ . 日焼け止め塗っても塗っても、どうしても焼けちゃった日の最終手段だと思ってる🤣🙏🏽 . 最近、一段と黒くなったねー!って 言われることが増えたから、ちゃんとケアしよう。笑 . プロのお友達も愛用してるから、 ずっと気になってて、使ってみたらやっぱり良かった💯 @momoaida @ayami_namekawa @hiromi_sugaya11 😘😘 . クーポンコードで10%オフでゲットできるよ! " bigmina " 美黒さんのインスタにDMしてね😍 名前、住所、電話番号、購入希望商品とクーポンコードを忘れずに💁🏽‍♀️

A post shared by MINATO TAKAHASHI / 高橋みなと (@minaaaaato) on

 

高橋みなと選手の水着画像①

高橋みなと選手の水着画像②

高橋みなと選手の水着画像③

 

スポンサーリンク

高橋みなとの出身高校はどこ?

高橋みなと選手の出身高校は仙台の聖和学園でした。

聖和学園は「夢を叶える君たちの笑顔を応援して全力でサポートします」と掲げている学校です。

特進アスリートコースというトップアスリートによるキャリア講座があるのが大きな特徴となっています。高橋みなと選手にはぴったりの学校だったのではないでしょうか。

 

高橋みなとの父親や母親はどんな人?

高橋みなとさんのお父さんはサーファーで、お母さんもウインドサーファーというまさにサーファー一家ですね。

高橋みなとさんも遺伝といいますか、才能を受け継いでおり、数々の大会で結果を残しています。

東日本大震災が起こってからは、青森や山形まで練習するために高橋みなと選手を車で送迎を行ったりと、常に高橋みなと選手をサポートしていました。

高橋みなと選手のことを想っているとても良いご両親だと思います。

 

高橋みなとの結婚や彼氏は?武井壮に告白?

高橋みなと選手はとても可愛く話題になっていますが、現在結婚や彼氏はいるのでしょうか?

調べてみたところ、全く情報が出てこなかったちめ、現在は彼氏などはいないようですね。

ここまでサーフィン一筋でやってこられたため、恋愛はしてこなかったのかもしれませんね。

高橋みなと選手はとても魅力的な女性なのでいつか良い出会いがあるのではないでしょうか。

 

また好きなタイプなどについても情報がありませんでしたが、11月5日に放送される『踊る!さんま御殿』で武井壮さんに愛の告白との予告がありました。

もしかしたら武井壮さんのような方がタイプで、本当に告白するのかもしれません。放送を注目してみて下さい。

 

まとめ

 

高橋みなとさんはここまでサーフィン一筋でやってこられました。

ご両親もサーファーでその才能を受け継ぎ、様々な大会で結果を残しています。

2020年には東京オリンピックもありますので、そこでも高橋みなと選手の活躍を期待したいですね。

今回はサーファーの高橋みなと選手について調査しました。ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

☆こちらの記事もよく読まれています










スポンサーリンク
スポンサーリンク