スポンサーリンク

引用元:ドクターX公式ツィッター

スポンサーリンク

「令和も私、失敗しないので」

米倉涼子主演の大ヒット・ドラマシリーズ

「ドクターX」

待望の第6シリーズ

この秋、登場!!

スポンサーリンク

これまでのドクターX

群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと、叩き上げのスキルだけを武器に、我が道を行く孤高の天才外科医・大門未知子(米倉涼子)。「私、失敗しないので」という名セリフは、流行り言葉にもなりました。

ドクターXとは、術式に無い方法で、鮮やかな手術をする謎の医師の事です。立場としては、フリーランス。組織に属さない雇われ医師です。

ドクターXとして、名医と言われていた神原(岸部一徳)ですが、ある事情で医師免許を剥奪され、今は名医紹介所の所長として、自らの弟子を含むドクターXを紹介し、成果を派遣した病院の手柄とする代わりに、口止め料として法外な料金を請求します。この時、メロンと請求書を必ず持っていき、「メロンです。請求書です」というセリフを言います。これも、当時お馴染みになりましたね。そして、神原の弟子が大門(米倉涼子)なのです。

この基本設定を軸に、様々なエピソードを通じて、象牙の塔の中で、コントロール不可能な、一匹狼として生きる大門の生き様が、物語のメインになります。

  • シーズン1 平均視聴率19.1% 最高視聴率24.4% 2012年放映10月
  • シーズン2 平均視聴率23.0% 最高視聴率26.9% 2013年放映10月
  • シーズン3 平均視聴率22.9% 最高視聴率27.4% 2014年放映10月
  • スペシャル 視聴率22.0 2016年7月
  • シーズン4 平均視聴率21.5% 最高視聴率24.3% 2016年放映10月
  • シーズン5 平均視聴率20.9% 最高視聴率25.3% 2016年放映10月
スポンサーリンク

ドクターX令和最新シリーズのあらすじ

前シリーズで、大門が後腹膜肉腫で、余命3ヶ月と診断され、ファンの間で衝撃が走りました。しかし、その後、無事復帰。お馴染みのメンバーと、東帝大学病院を舞台に、新たな物語を紡ぎます。

詳細は明らかにされてませんが、今回のお話は、大病院を蝕む構造的的な赤字の問題を扱うようです。高度化する医療。器具やシステムの刷新で、病院は経営的に大赤字になっていました。そんな倒産寸前の病院へやってきたのは、「ハゲタカ」の異名を持つ投資家・ニコラス丹下。世界でも指折りの企業再生家の手腕により、病院は合理化に向かって大改革へ向います。

一方、それは医療の合理化をも意味する事になります。リストラ、コストカットの圧力が押し寄せ、命を預かる現場は、ビジネス優先の波に呑まれそうになります。そんな中、丹下に呼ばれて、再び東帝大学病院へ招聘された大門。新たな権力争いが激化する病院で、またも孤高の戦いが始まります。

スポンサーリンク

ドクターX令和最新シリーズの放送日やキャスト

2019年 10月スタート 毎週木曜日 夜9:00放映。

  • 大門未知子(米倉涼子)・・・神原名医紹介所の医師
  • 城之内博美(内田有紀)・・・大門と同じく神原名医紹介所の医師。
  • 海老名敬(遠藤憲一)・・・東帝大学病院の外科医。医局で御意軍団を形成している。
  • 加地秀樹(勝村政信)・・・御意軍団の一人
  • 原守(鈴木浩介)・・・御意軍団の一人
  • 神原晶(岸部一徳)・・・神原名医紹介所の所長。大門の先生。
  • 蛭間重勝(西田敏行)・・・東帝大学病院院長 前シリーズで逮捕されている。

 

スポンサーリンク

ドクターX令和最新シリーズの主題歌は?

歌手は、いずれも、SuperFly

  • ドクターx第1シリーズ(2012年)主題歌『Force』
  • ドクターx第2シリーズ(2013年)主題歌『Bi-Li-Li Emotion』
  • ドクターx第3シリーズ(2014年)主題歌『愛をからだに吹き込んで』
  • ドクターx第4シリーズ(2016年)主題歌『99』
  • ドクターx第5シリーズ(2017年)主題歌『Force -Orchestra Ver.-』『ユニゾン』

最新シリーズについては、未発表です。

スポンサーリンク

まとめ

昨今のドラマで、シリーズ5作とスペシャルで、ほぼ20%以上の平均視聴率を記録するのは、モンスター級の作品と言っても良いでしょう。その年のドラマ全体の最高視聴率を叩き出した回もあり、令和になっても高い人気が期待できます。インターバルを入れて、2年ぶりの再始動という事になりますが、経営という面からみた大病院の病巣を扱うようですね。

主演の米倉さんにとっても、自身のキャリアの中で、最大の大ヒット作品。意気込みが違います。令和の天才外科医は、どんなドラマを見せてくれるのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク