スポンサーリンク

 

日頃、インターネットに親しんでいる皆さんは既にご存じの方も多いでしょうが、ポータルサイトの大手ヤフー(yahoo)とSNS大手のLINEが経営統合の方向で合意しました。

スポンサーリンク

今回は、今回の経営統合で起こることを調査していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ヤフーとLINEが経営統合合意

 

読売新聞によりますと、ヤフーを運営するZホールディングスと無料通話アプリのLINEは、11月18日に経営統合に合意したと発表しました。

この経営統合により東アジアを基盤に一億人を超すユーザーをもつ「メガプラットフォーマー」が誕生することになります。

 

 

スポンサーリンク

そもそもなぜ経営統合することになったのか

 

この両者の経営統合については、様々な見解が飛び交っています。

LINEは日本国内に8000万人の利用者、ヤフーは5000万人の利用者がいて、双方とも事業の収益が頭打ちの状態だったことから、経営統合によりお互いのユーザーを取り込むことによる相乗効果を狙っているのかもしれません。

またこの統合により業界の寡占状態を作り出し「独り勝ち」を狙っているのかもしれません。

また穿った話ですと、ヤフーの親会社であるソフトバンクの孫正義社長が今年の7月に韓国のソウルで文在寅大統領と会っています。その後ヤフーをソフトバンク本体からZホールディングスという持ち株会社に分割して、ZOZOTOWNもその傘下に吸収しました。LINEの親会社は韓国企業の韓国ネイバーという会社ですので、文在寅大統領に事前了解を得に行ったのではないかという憶測もあります。

 

 

スポンサーリンク

ヤフーとLINEが経営統合で無料通話はどうなる?

 

ユーザーが一番気になるのは、この経営統合によって現在の利便性が損なわれないかという事だと思います。

まず皆さんが一番使われているLINEの無料通話がどうなるかについては、もっとも関心があると思います。

この分野に関しては、ヤフーとLINEが競合していることはないので、スムーズにLINEの機能が移管されると思われます。

 

 

スポンサーリンク

ペイペイとラインペイ(LINEペイ)はどうなる?

 

今回の経営統合で一番難題なのがヤフーのペイペイ(PayPay)とLINEのラインペイ(LINEPay)というキャッシュレス決済アプリの分野だと思われます。

この分野に関してはペイペイ(PayPay)は40%前後、ラインペイ(LINEPay)が10%前後の占有率だと言われています。統合して新たなPayが生まれるならばお互いの機能を合わせた占有率50%以上の巨大キャッシュレス決済アプリが誕生しますが、専門家によりますとなかなか難しい問題があるようです。

私の予想では、当面はこのままで別アプリにて運営し、将来の統合を目指すのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、ヤフーとLINEが経営統合で起こることを調査しました。

今回の統合で日本のネットの業界にGAFAのような巨人ができる可能性が出てきました。GAFAと比べると少しスケールが小さいですが、中国資本などの台頭があった場合の防波堤になるのかもしれません。

しかし寡占状態の弊害も出ると思われますので今まで競って行ってきた消費者還元などがなくなるかもしれません。

 

今回もお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク