スポンサーリンク

日本の女性人気アイドルグループの代名詞ともいえるAKB48の3代目総監督、「みーおん」こと向井地 美音さんは、子役時代から女優として芸能界でお仕事をしていたことをご存知でしょうか?

スポンサーリンク

ご両親が芸能界入りのきっかけを作ったというみーおんの現在や兄弟、「かわいい」と話題になった子役時代と、今もかわいい私服画像をまとめました。

スポンサーリンク

向井地美音プロフィール

  • 本名:向井地美音(むかいちみおん)、愛称:みーおん
  • 生年月日:1998年1月29日(21歳)
  • 血液型:O型
  • 身長:150㎝
  • 出身地:埼玉県
  • デビュー:2002年(子役)、2013年(AKB48)
  • 事務所:Mama&Son(尾木プロ)

1歳の頃から子役として芸能活動を開始し、小学2年生の時に出演した篠原涼子主演の人気ドラマ「アンフェア」で、篠原さんが演じる「雪平」の娘・美央役に抜擢されました。

複雑な家庭環境の中、健気に母を想う美央ちゃんの切ない演技は反響を呼び、その姿は今も強烈に記憶に残っているのではないでしょうか?その後、学業に専念するため小学5年で一旦芸能活動を休止し、中学に進学したもののAKB48に興味を持ち、中学3年の時に募集していたAKB48第15期生オーディションの最終審査に合格したことから、2013年からAKB48のメンバーとして活動を開始しました。

スポンサーリンク

向井地美音の現在の活動は?

AKB48のメンバーになったみーおんは、2018年12月8日の『AKB48劇場13周年特別記念公演』で、当時のAKB48グループ総監督の横山由依さんから3代目総監督に指名され、2019年4月1日にAKB48グループ総監督に就任しています。

あのかわいかった美央ちゃんが今では48人のアイドルグループを率いるリーダーとは!ただ、その事実を知らない人は多かったようで、2015年に放映された『アンフェア the end』のプロデューサー臼井裕詞さんは「芸能活動を辞めていたとしても向井地美音に出演してもらいたい」と製作開始当初から考えていたそうです。

久しぶりにアンフェアに出演したみーおんは、

「7歳だった私が17歳になって、このシリーズに戻ってこれたことをうれしく思います! AKBのメンバーも『アンフェア』を好きな子が多くて。握手会でファンの人に『10年前からファンでした!』と言っていただけることもあるので、このシリーズの偉大さを感じています」

とコメントしていました。

スポンサーリンク

向井地美音の芸能界入りは両親がきっかけ

幼少期から芸能界で活躍していたみーおんですが、そのきっかけはご両親が応募した赤ちゃん雑誌の撮影だったそうです。当時の事はあまり覚えていないそうですが、アンフェアが始まった8歳の頃から、女優を意識するようになったと言います。

当時はアンフェアだけでなく、オーディションを受けまくって数多くのドラマや映画に出演していましたが、芸能活動を休止している間にその感覚を忘れ、久しぶりに受けたAKB48のオーディションの時にはめちゃくちゃ緊張したそうです。

AKBのオーディションを受けるかどうか迷った時も、お母さんは「そんなに好きなら受けてみれば?」と背中を押してくれたそうです。

今、みーおんが思いっきり芸能界で活動できるのは、ご両親の理解あってのことだったのですね。

ちなみに、みーおんに兄弟はおらず、一人っ子だそうですよ。

スポンサーリンク

向井地美音の子役時代はめちゃくちゃかわいい!CMにも!

それではここで、子役時代のめちゃくちゃかわいいみーおんの画像をご紹介しましょう。

みーおんが出演していたのは「アンフェア」だけではなかったんですよね。

また、数多くのCMにも起用されていました。

スポンサーリンク

向井地美音の私服もかわいい!

大人になったみーおんは、今「私服が可愛い」とInstagramで人気です。

スポンサーリンク

まとめ

子役時代からその演技力は定評を呼んでいた向井地美音さんの現在や子役時代の可愛い画像についてまとめましたが、いかがでしたか?

AKB48の総監督として、アイドルの最前線で活動しながら、女優さんとしてのこれからのご活躍も期待し、応援しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク