スポンサーリンク

サッカー界で一世を風靡した元プロサッカー選手の巻誠一郎さんの現在について調査していきます。

スポンサーリンク

小学生の時から始まった長いサッカー人生のうち、2018年シーズンで16年間に亘るプロサッカー選手としての現役を退いた巻誠一郎さんが、現在は会社経営者社長として大活躍しているらしいのです。今回はそんな巻さんの経営する会社の社名や住所・事業内容をまとめました。他にも就労支援や農業などにも携わっているらしいので調べてみました!

スポンサーリンク

巻誠一郎プロサッカー選手最後の日

2018年をもってプロサッカー選手を引退した巻さんは、2020年1月13日に行われた引退試合で、プロサッカー選手人生を終えました。

この引退試合は、巻さん自身がプロデュースし、これまで支え応援してくれた多くの方々への感謝の気持ちとして開催したそうです。

これからは、サッカーで学んだ事を軸に「これまで支えてくれた皆さんに貢献できるような社会人になりたい」と第二の人生について宣言しています。

スポンサーリンク

巻誠一郎の経営する会社の事業内容や住所は?

そんな巻さんは今、熊本市内にある「株式会社きらら」という会社の取締役をしています。

この会社は、発達支援や学習支援が必要な熊本市内の子供たちの放課後等デイサービス事業を手掛ける『果実の木』という施設を4店舗展開しています。

施設の住所はこちら⇩

  • 果実の木ハピネス 須屋
    合志市須屋2030-1 カベッサスタジアム2階
    Tel:096-341-7422
  • 果実の木スポーツ 須屋
    合志市須屋2030-1 カベッサスタジアム1階
    Tel:096-341-5031
  • 果実の木 保田窪
    熊本市中央区保田窪1丁目2-121
    Tei:096-382-8989
  • 果実の木 月出
    熊本市東区月出1丁目3-29 サンミニアムさかもと
    Tel:096-381-5838

※詳しくは『果実の木』HPをご覧ください。

子供たち一人一人の個性や能力を最大限に引き出し、より良いコミュニケーションで人生を豊かにするための療育方針の元、「10人10色の未来を育む」をコンセプトに運営されている『果実の木』は、巻さんの生きてきたプロアスリートの経験が多いに活かされていることでしょうね。

スポンサーリンク

巻誠一郎は就労支援や農業も!

放課後デイサービス事業に関わっていくうちに、障害のある方の就業支援も行うようになったようです。

特に、障害のある方と農家との相性が良いらしく、障害者が苦手とする部分をサポートして、障害があっても自立して農業をできる仕組み作りに力を入れ、農家と障害者の橋渡し事業を展開しています。

View this post on Instagram

新プロジェクト 美味しいミニトマトを作ろう! 本日、秋からスタートする新しいプロジェクトのミニトマト「アルル」作りの為、作付け(田や畑に農作物を植え付けて栽培すること)をやってきました! 初めての体験なので、まー作業が遅い遅いw ただ愛情はしっかりとかけてきたので☆ これから秋にかけて成長してもらい、収穫するのが今から楽しみです!! 久しぶりに土いじりをして、子供のころを思い出しました。 初心にもどり、何事も謙虚に真摯に一生懸命取り組んでいきたいと改めて思いました! しかし農業楽し〜♪ #農業 #ミニトマト栽培 #アルル #宇城協連 #新プロジェクト #農福連携プロジェクト #美味しいトマトを作りたい #巻誠一郎

A post shared by 巻誠一郎 (@makiseiichiro9) on

スポンサーリンク

巻誠一郎はベンチャー企業の取締役も!?

巻さんは、他にも東京工業大学とのベンチャー企業『aiwell株式会社』(旧:CF Partners株式会社)の社外取締役に就任しています。

この会社は、微量採血で血清からタンパク質を画像化することができ、病気の早期発見・体調改善が出来るシステムを開発している会社です。

具体的には、スマホのアプリを使って医療機関と連携し、日々の体調記録や血液データを入力するだけで、健康増進や予防サービスの情報提供を受けられるという画期的なシステムなのですが、地元の子供サッカースクールを運営している巻さんにとって、選手たちの健康管理は最も重要だと考えています。

View this post on Instagram

本日、僕が社外取締役を務めさせていただいてますベンチャー企業 aiwell社と東京工業大学のAIプロテオミクスの協働研究拠点発足講演会へゲスト登壇させていただきました。 このAIプロテオミクスの技術は、血中のタンパク質の状態から「健康を見える化」し、けが等の超早期予測を目指す研究を中心に様々な分野に多角的に発展させることの出来る研究です。 aiwell社とは立ち上げの時から携わらせていただいております。 しかし東京工業大学や林先生との接点はあまりなかったのですが、これからはより一層学び技術の普及の為に精進していきたいと思います。 #aiプロテオミクス #東京工業大学 #aiwell #ベンチャー企業 #未病 #協働研究拠点 #タンパク質 #健康見える化 #様々な病気の予防 #健康志向 #病気になる前にどう向き合うか #巻誠一郎

A post shared by 巻誠一郎 (@makiseiichiro9) on

また、農家との深い関りがある中でも、家畜の体調管理の一環として病気の前段階が分かるこの技術は非常に役立つと考え、もっと広めていくべく発信して行く事が重要と話していました。

スポンサーリンク

まとめ

元プロサッカー選手・巻誠一郎さんが経営する会社の事業内容などについてまとめましたが、いかがでしたか?

この他にも、ボランティアを含め、様々な事業に参画している巻さんですが、仕事の9割から9割5分はサッカーに直接関係ない事らしく、自身を「なんでも屋」と呼んでいます。

でも、プロサッカー選手として学んできたことが全て誰かの役に立ち、元プロサッカー選手の巻さんだからこそ貢献できている「これまで支えてくれた人を支える社会人」になっているのは間違いなさそうですね。

 

☆関連記事

ヨン様の現在は劣化で顔画像がヤバい!?死亡説も!嫁や子供は?

山口いづみが眼瞼下垂で手術で現在は?昔の水着画像や結婚相手の旦那や子供も!

市原悦子は認知症だった?遺言を残したミッキー吉野やコンプレックスとは?

池波志乃の父親は?家系や昔のカップ・体の画像!病気で死亡の噂も!

スポンサーリンク
スポンサーリンク