スポンサーリンク

Youtube Asian Boss

スポンサーリンク

6月21日の「ZIP」で、プロテイン女子という特集が組まれたようです。

プロテインというのは、タンパク質を摂取する為のサプリメントで、

ボティービルダーが、筋肉を付けたり、肌をツヤツヤにしてボディーを美しく魅せる為に使用します。

高純度でタンパク質が含まれているので、管理された激しい運動とセットで、新陳代謝を上げながら服用するのが一般的です。

しかし、美容や健康維持の為にプロテインを利用する女性が増えていて、飲みやすく調整された商品も増えているそうです。

また、タンパク質以外にも、ビタミンやミネラルを含有した商品や、体内への消化・吸収まで考えて調合された商品も出ています。

筋肉を付ける目的以外で、プロテインを服用する女性について、調べてみました。

スポンサーリンク

プロテイン女子とは?

ダイエット・美容・健康の為に、プロテインをサプリメントとして、携帯する女性を「プロテイン女子」と呼ぶそうです。

この傾向は、企業側も掴んでいて、番組では、

  • プロテイン入りスムージー
  • プロテイン入りタピオカミルクティー
  • チョコミント味・チーズケーキ味・杏仁豆腐味

などの多彩な商品が紹介されていました。

スポンサーリンク

プロテインは女性が飲んでも大丈夫?

もちろん大事な栄養素なので、プロテインを飲んで毒になるという事はありません。

ただし、サプリメントというのは、特定の目的を持って、決められた成分が高純度で配合された製品です。

バランスを崩すような摂取をすれば、身体に悪影響が出るのは、偏食が身体に悪いのと同じです。

例えば、食事の代わりにプロテインだけで済ますとか、常時携帯して、喉が乾いたら水代わりに飲むとかは、アウトです。

正しく、適切な量を摂取するのであれば、性別に関係なく一定の効果があります。

スポンサーリンク

プロテインはダイエットに効果的?

ご飯やパンなどに多く含まれる糖質と比較して、プロテインの主成分であるタンパク質は、消化吸収が、ゆっくり進むので、腹持ちが良く、少量でも空腹感を感じずに済みます。

結果として、ダイエットに有効な効果を得る事も可能です。

ここまでで、判るように、「飲んだから痩せる」という類のものでは、ありません。

また、タンパク質のほうが、糖質や脂質よりも、摂取した場合のエネルギー消費が高い為、痩せ体質になりやすいと言えます。

スポンサーリンク

プロテインは肝臓や腎臓など胃腸への負担は?

過ぎたるは及ばざるが如しの格言にあるように、過剰に摂取すると、身体に悪影響が出る場合があります。

内蔵疲労

余ったタンパク質は、分解されて窒素になります。

窒素を体外へ排出するには、肝臓と腎臓に働いてもらう必要があります。

体内の分解過程で、必要の無い窒素は、アンモニアに変わります。

これは、体内では毒素に相当するので、肝臓で尿素に変えます。

そして、腎臓で尿として排出します。

このルーチンが、過剰摂取で常時行われていると、内蔵疲労を起こす可能性があります。

カロリーオーバー

タンパク質はエネルギーになる栄養素ですから、

それなりの運動でエネルギーを消費して、代謝を整えつつ、好循環を維持する必要があります。

プロテインとして、サプリメントとして売られているものは、低カロリーに調整されているものが多いですが、それでも過剰摂取は、肥満の元です。

スポンサーリンク

尿路結石のリスク

動物性タンパク質を摂りすぎると、腸の中で、シュウ酸や、尿酸などが増加します。

シュウ酸は、カルシウムと結合しやすい特性を持っていて、大部分は便として排出されるのですが、

腸で処理できなかったシュウ酸は、尿として排泄されます。

この時、カルシウムと結合すると、結石として石のように硬い塊になる事があります。

スポンサーリンク

腸内環境の乱れ

動物性タンパク質を摂り過ぎると、分解されずに腸へ送られ、腸内細菌のうち、悪玉菌を増殖させてしまいます。

悪玉菌は、基本的に毒素を排出したり、腸壁を傷つけたり、身体にとって害のある活動をします。

スポンサーリンク

プロテインは運動しないで飲むと太るの?

通常、プロテインは、筋肉トレーニングなどで、苛めた筋肉の損傷を、急速に回復させる為のサプリメントでした。前提として、運動後に服用するというルーチンがあります。

製品としてのプロテインは、植物性などのものもあり、必ずしも、これが当てはまるものではありませんが、プロテイン自体が高エネルギーで、身体を作り出す元になるものですから、工夫も無く飲んでいると、肥満の原因になる事もあります。

スポンサーリンク

まとめ

ツィッターの反応などを見ると、この手の「~女子」、「~男子」というキャッチーなフレーズで、流行りとして紹介する番組は、かなり信用を失っているようで、辛辣な意見もチラホラありました。

効果についても、表現がオーバーだったり、言葉足らずだったり、一部に注目して伝えたりという部分で、「こういうの、もういいから」みたいな意見が多かったですね。

どうしても、商業主義的な臭いを感じ取ってしまうのは、仕方ないのかも知れません。

ただ、「すでに飲んでるよ。私のオススメは、これ」みたいな感じで、画像込みで紹介する女性も多かったので、有効なサプリメントとして、既に認知は進んでいるようです。

プロテイン(タンパク質)そのものは、重要で摂取が不可欠な栄養素ですが、サプリメントとして、身体に影響を与える目的で飲むなら、飲み方はキチンと工夫しないといけないですよという事ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク