スポンサーリンク

2019年7月12日(金)、テレビ東京系にて『Iターン(アイターン)』が放送スタートします!

スポンサーリンク

このドラマの原作小説は、第3回エキナカ書店大賞を受賞した人気作品です。

また、主演を務めるのは個性派俳優のムロツヨシさんの他にもう一人、主演を務めるのはヒット作品には必ずと言っていいほど出ている古田新太さん!!

今回は、新ドラマ『Iターン』のキャスト・あらすじ「岩切組組長・岩切猛」は誰なのか、古田新太の経歴は?子どもの画像など色々な情報をお伝えしていきます!

 

☆ドラマ『Iターン(アイターン)』のキャストとあらすじはこちらの記事をお読みください

Iターン(アイターン)キャストとあらすじ!原作や主題歌は?最終回ネタバレも

 

Iターン(アイターン)での古田新太の役どころ

古田新太さんが演じる「岩切組・組長岩切猛は、人情に厚く仲間を絶対に裏切らない一方、裏切り者には容赦がない昔かたぎのヤクザの親分です。

そんな岩切は、広告代理店に務める狛江(ムロツヨシ)が起こしたミスがきっかけで、無理やり狛江を「舎弟」に!!

役どころについては、古田新太さんも「今の時代ではちょっとコンプラ的にダメな人かなと思います」とコメントをしています。

また、古田新太さんは共演のムロさんについて「いくらいじめられる役をやってもお客さんに笑われるというすごくいい才能を持っています。今回も、殴ってほしそうにしているからオイラは普通に殴っています」とコメントしています。

ヤクザの親分の古田新太さん、広告代理店サラリーマンのムロツヨシさん、お二人の掛け合いが楽しみです!

スポンサーリンク

Iターン(アイターン)の岩切組組長・岩切猛役の古田新太のプロフィール

古田新太のプロフィール

生年月日: 1965123日 (年齢 53歳)   生まれ: 兵庫県 神戸市 西区

身長: 173 cm               配偶者: 西端弥生

所属劇団: 劇団新感線(1984

スポンサーリンク

古田新太の出演作

【主な主演ドラマ】

  

・暴れん坊将軍2003 ・俺のスカートどこいった
・斎藤さん ・逃げるは恥だが役に立つ
・左目探偵EYE ・僕たちがやりました
・不毛地帯 ・坊ちゃん

上記紹介させていただいた作品のほかにも、沢山の作品に出演されております!!

「俺のスカートどこいった」ですが笑いあり、涙ありのドラマです。

面白い作品や、時代物の作品などなどこの機会に是非チェックしてみて下さい♪

スポンサーリンク

古田新太のインスタグラムやツイッター

スポンサーリンク

古田新太は結婚している?妻や子供は?画像も

 

古田新太さんは結婚しているのかについてですが、結婚されています!!!

なんと妻は、西端弥生さん!

2015年6月8日放送「しゃべくり007」にて、妻が西端弥生さんである事を古田新太さん自身が暴露して大きく話題になりました。

 

西端弥生さんって誰?っと知らない人が多いと思いますので、少し西端弥生さんは何者なのかお伝えしていきます。

DJアイドルグループ『ラジオっ娘(後にLady oh!)』のメンバーとして芸能界デビューしました。

Lady oh!解散後は、バラエティーを中心に活躍していましたが、古田新太さんと結婚・産休に入ってそのまま芸能界を引退しておられます。

 

古田新太さんと西端弥生の出会いは、なんと飲み屋でのナンパがきっかけでした。

西端弥生さんは別の彼氏と飲み屋に来ていました。

そのことを知っていた古田新太さんは、ある日、偶然一人だった西端弥生さんと古田さんは会話することに。

二人で話をしている中「彼と別れた」という話になり、古田新太さんは交際を申し込んだのが始まりだったんそうです。

 

また、お二人の間には娘さんがいらっしゃいます♪お名前は「アロエ」さんと言います。

個性的でとても可愛らしい名前です。

「アロエ」さんのお名前の由来は、

・アロエには刺があるので悪いこと、不幸なことを寄せ付けない

・病気を治す作用があるので、人のために愛のある子に育ってほしい

という想いから「アロエ」と名付けられたそうです。

↑こちらが古田新太さんの娘さん、アロエさんの画像になります♪

変装しているため素顔が分かりにくいですが、目元は古田新太さんに似ているような気がします。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新ドラマ「Iターン(アイターン)」に主演される古田新太さんの役どころや経歴、妻の西端弥生さん、子供さんについてお伝えして参りました。

ヒット作品には必ずといっていいほど出演される古田新太さんだけあって、個性的で魅力的な方ですね♪これからの作品も期待が深まります!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク