スポンサーリンク

 

ファミペイ公式キャラクター「ファミッペ」

スポンサーリンク

「ファミペイ(FamiPay)」は、コンビニ大手の「ファミリーマート」が、7月1日より展開するスマートフォン決済サービスです。

セブンイレブンが、7Payという、自社系列コンビニ専用のスマートフォン決済サービスを同じ7月1日に始めましたが、どちらも大型のデジタル決済サービスとして、注目されています。

ファミリーマートで利用可能なポイントカードというと、Tポイントカードがありますが、こちらとの提携もアプリ上で継続されます。

ファミリマートとしては、今まで展開してきたポイント還元や値引きキャンペーン、クーポンの発行等のサービスを、ファミペイのアプリで統一して行うつもりのようで、ファミペイの無料アプリ(iPhone,Android)をダウンロードしてインストールすると、今までのファミリーマートアプリから、決済関係の機能が削除されます。

国の方針でもある決済のデジタル化の身近な実例である、ファミペイの実力とは、どのようなものでしょうか?

スポンサーリンク

ファミペイとは?

ファミリーマートで使用できるスマートフォンのアプリによる決済システムです。ファミペイという無料アプリ(iPhone,Android)をダウンロードして、インストールする事で利用が可能になります。

決済の手順は、予め複数の方法で、アプリの残高として、金額をチャージしておきます。

決済画面で表示されるバーコードを、ファミリーマートのレジでスキャンする事で、チャージ金額までの決済が完了します。

その際には、同時にポイント還元・イベント値引き・クーポンの処理も行います。

また、7Payと比べた特徴として、アプリでゲームにチャレンジしたり、スタンプを貯めたりして、クーポン券をゲットできます。

そして、意外と大きいのが、ファミペイでは、公共料金の支払いもできます。

スポンサーリンク

ファミペイの使い方とメリット

利用手順

公式ホームページの解説へのリンク

  • まず、無料アプリをダウンロードしてインストールします。iPhone,Android対応です。
  • 会員登録をします。
  • 以下のいずれかの方法で、金額をアプリにチャージします。
    • ファミリーマートの店舗のレジで、持っている現金をチャージする。
    • クレジットカードからチャージする。(利用可能なのは、クレジット機能付きファミマTカードのみです)
  • アプリの決済用画面を表示すると、決済用のバーコードが表示されるので、レジのバーコードスキャナーで読み取らせ、支払いを終了させます。

メリット

決済時に、支払い金額の一部がポイント還元されます。

チャージ還元(7月31日まで)

7月31日までにFamiPayにチャージすると、チャージ金額の10%をFamiPayボーナスとして還元します。ただし、還元の上限は2000ボーナスとなります。

クレジット機能付きファミマTカードでチャージした場合は、これに上乗せしてチャージ金額の5%をFamiPayボーナスとして還元します。こちらの還元の上限は1000ボーナス(先述の還元と合算して3000ボーナス)となります。

承りギフト還元(7月31日まで)

ファミリーマートの「承りギフト」の代金をFamiPayで支払うと、決済額の20%をFamiPayボーナスとして還元します。還元の上限は3万ボーナスとなります。

ファミペイすげー得チャレンジキャンペーン

7月5日と7月13日に流れる限定テレビCMと連動したキャンペーンを実施します。詳細は7月3日に改めて発表される予定。

アプリに対して発行されるクーポン券が使える

アプリで配信されるゲームで勝利したり、管理するスタンプを貯めたり、もしくはイベント配信されるクーポン券を使う事ができます。多くは、値引きや1回無料券です。

ファミペイ回数券が使える

リピートとして利用したいサービスを、まとめてセットして支払いを済ませる事で、回数券のように1回分無料になったり、値引きがついたりします。

スポンサーリンク

Tポイントカード終了?ファミペイでTポイントは溜まる?

ファミマTカードとの連携は、アプリにカードを登録する事で可能です。Tポイントも貯まります。カードからチャージも可能です。

ただし、Tポイントとファミペイボーナスポイントは、別サービスになるので、お互いに交換する事はできません。

スポンサーリンク

ファミペイが使いづらい!ネット・Twitterの反応

セブンイレブンの7payと同じで、ファミペイも初日からシステム障害で、まともに使えていないようです。

思うのですが、サービス開始初日に会員登録から、やらせるのではなくて、事前登録が用意できていれば、回避できた混乱に思えます。

そういう工夫が無いところが、やはり日本のデジタル決済の弱点ですね。

スポンサーリンク

まとめ

7payと違って、公共料金の支払いにも利用できるのは、便利なのですが、チャージする手段が少なすぎますね。

一番驚いたのは、ファミリーマートが、既に展開しているサービスであるファミポートとの連携が、一切無い事です。

私は銀行口座からのチャージや、現金のチャージは、ファミポートからできると思っていましたが、お互いのシステムに互換性は無く、支払い等にも使えません。

ファミリーマートは、オールインワンアプリと呼んで、おサイフレスを目指すそうですが、チャージの間口が狭いので、代用になるのは難しいと思います。

また、7Payもそうですが、バーコード画面などを表示して、お店のスキャナーに読み込ませるというのは、やはり今までのかざすだけで決済できた電子マネーと比べると不便です。

割引やクーポンをたくさん付けるより、使って普通に便利じゃないと、今後の普及が危ぶまれると思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク