スポンサーリンク

 

2019年12月29日(日)19時から日テレ系にて放送の「世界の果てまでイッテQ!」に「出川ガール」としてタレント・モデルの谷まりあ(たに まりあ)さんが出演されます。

スポンサーリンク

今回は、谷まりあ(たに まりあ)さんについて調査したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

谷まりあ(たに まりあ)のwikiプロフィール・年齢・身長・スリーサイズ・血液型・出身・所属事務所など

 

それでは、谷まりあ(たに まりあ)さんのプロフィールを紹介していきましょう。

 

 

谷まりあ(たに まりあ)のプロフィール

 

生年月日 : 1995年7月28日(24歳)

出身地  : 東京都

身長 : 160cm

スリーサイズ : B83 W63 H80cm

血液型 : B型

職業 : タレント・モデル

ジャンル : バラエティ番組

活動期間 : 2007年~

所属事務所 : スターレイプロダクション

 

谷まりあ(たに まりあ)の経歴

 

谷まりあさんは、小さい頃からファッションモデルになるのが将来の夢でした。中学生の時にスカウトをされ、2008年にはNHK教育の「えいごでしゃべらないとJr.」に出演され芸能界デビューされます。

高校生の時も広告モデルなどで活動されていましたが、大学受験を機に一旦学業に専念されます。1年の浪人を経て早稲田大学商学部に合格されます。大学生時代にファッション誌「ViVi」の専属モデルとなられ夢を実現されます。

その後は、「世界の果てまでイッテQ!」にて出川ガールに選ばれ一気に知名度を上げます。早稲田大学卒の学歴で高学歴モデルとしてクイズ番組にも出演されています。また2018年には、ドラマにも出演され女優デビューもされています。

 

スポンサーリンク

谷まりあのSNS・オフィシャルブログ

 

谷まりあさんは、Instagramを公開されています。またオフィシャルブログも開設されています。

https://www.instagram.com/p/B6kFlSkg1Jz/?utm_source=ig_web_copy_link

谷まりあさんのフィシャルブログはこちらから

 

 

スポンサーリンク

谷まりあの実家は金持ちで年収は?どこのハーフで父親や母親は?

 

谷まりあさんは、パキスタン人の父親と日本人の母親のハーフです。日本人離れした美貌はやはり理由があったんですね。

残念ながらご両親の画像はありませんでしたが、妹さんとの2ショットがInstagramにありました。

父親はパキスタン人ということもありイスラム教徒だそうです。イスラム教には1日5回のお祈りや断食などもされているそうで、父親以外はイスラム教徒ではないので不便なこともあるようです。

ネットでは、谷まりあさんの実家がお金持ちだったどうかが話題になることがありますが、はっきりしたことは分かりません。しかし筆者の推測ですと普通以上のお金持ちではなかったのかと推測しています。理由は父親がパキスタン人であることです。外国人が日本に来られるという事は、何かの商売をされている可能性が高いです。谷まりあさん自身も高校は私学である専修大学松戸高校に通われていたことも相応のお金があったことになると思われます。

 

 

スポンサーリンク

谷まりあは英語の発音や学力がすごい!

 

谷まりあさんは、英語が堪能です。「世界の果てまでイッテQ!」の出川ガールでもアシスタント兼通訳という役割も果たされています。一部では「谷まりあは英語が下手だ」とも言われていますが、そんなことはないです。

谷まりあさんの英語は、ハーフであるからと思われている方も多いと思いますがそうでは無いようです。ハーフであることから英語に興味があったそうですが、そこから勉強をし習得されています。特に洋楽は英語の習得に役に立ったようです。

谷まりあさんのYouTubeチャンネル「まりまりチャンネル」では英語の勉強法を公開されています。

また経歴でも述べていますが、谷まりあさんは早稲田大学商学部を卒業されています。しかも1年浪人の末にです。現役の時に他の私学大学に合格していたのですが「絶対に早稲田大学に入学したい」と思い、芸能活動を休まれ1日10時間以上の猛勉強の末に合格されます。学力が凄いのは当然なのですが、目標のために努力できる根性が凄いと思います。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、「世界の果てまでイッテQ!」に出演される谷まりあさんを調査しました。

谷まりあさんのお顔だけ見ていると、何の苦労もしてこなかったお嬢様のように見えますが、いろいろ調査すると目的のために頑張る努力家という一面が見えてきました。

ますます谷まりあさんを応援したくなりますね。

 

今回もお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク