スポンサーリンク

 

2019年6月30日から7月1日かけて梅雨前線の影響により鹿児島県において記録的大雨が降っているようです。

スポンサーリンク

ここでは、記録的大雨の起こった場所・被害状況等を速報していきます。

 

スポンサーリンク

鹿児島市本城町で記録的大雨

 

活発な梅雨前線の影響で、鹿児島県・宮崎県では猛烈な雨が降っています。

鹿児島市本城町に設置した雨量計では、午前2時までの1時間に36ミリ、午前3時までに39ミリと激しい雨が降り続き、さらに午前6時までの1時間には80ミリの猛烈な雨を観測しました。

その後も激しい雨が降り、午前7時までの僅か6時間の雨量が240ミリに達しているようです。

 

スポンサーリンク

鹿児島市本城町の場所・地図

 

鹿児島市本城町は、鹿児島市北部に位置し本名川の上流域に位置しています。

本城町東部には山地で他はシラス台地となっており本名川沿いに集落が点在しています。

 

スポンサーリンク

鹿児島市本城町の被害状況動画と画像

 

鹿児島市本城町では土砂崩れ被害が起こっているようです。

被害者が助かってよかったです。

また鹿児島の河川は増水が続いていて警戒が必要だそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の大雨は、梅雨前線の活発化ということで以前の豪雨被害でも言われていた「線状降水帯」が起こっているようです。この線状降水帯が発生すると同じところに大雨が降り続くので非常に危険です。

また2019年3月から災害の際の避難基準となる「警戒レベル」というものができ、今回の大雨でも「速やかに避難」に相当のレベル4が発令されています。皆さんも災害の際には報道等でこの警戒レベルを把握し、身の危険を避けるようにして下さい。

 

 

今回も記事をお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク