スポンサーリンク

2020年1月9日(木)午後10時スタートのフジテレビ系連続ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』で、主役の〝オンコロ先生〟こと恩田心役を女優の松下奈緒さんが務めます。そこで、『アライブ』のオンコロ先生の役どころに関してまとめました。

スポンサーリンク

また、松下奈緒さんと言えば、2010年に大ヒットしたNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』のヒロイン役で一気にブレイクした女優さんですが、その役柄も手伝ってか「結婚したい」女優として人気が高いですよね。そんな松下奈緒さんの実際の結婚や妊娠出産はどうなのか、についても探ってみました。

スポンサーリンク

『アライブ』のオンコロ先生役は松下奈緒

木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』は、がんをテーマにしたメディカルヒューマンドラマです。現在は、二人に一人が癌になる時代。誰もが色んな形で直面するであろう国民病に立ち向かい、人生を生き抜く二人の女医が繰り広げる、注目の医療ドラマです。

主人公の一人は松下奈緒さん演じる腫瘍内科医・恩田心(おんだ・こころ)さん(愛称:オンコロ先生)で、国内ではまだ希少と言われている〝がんのスペシャリスト〟です。

「オンコロ先生」の愛称の由来?

「オンコロ先生」と呼ばれる由縁は、名前の「おんだこころ」を短縮したこともありますが、専門の〝腫瘍内科〟を英語で「メディカル・オンコロジー」という所からも「オンコロ」と名付けられたそうです。

〝腫瘍内科〟とは、効き慣れない方も多いと思いますが、薬物でがんを治療する方法です。これまでがんの治療は主に外科で手術によって切除する外科治療が主流でした。ところが近年は、薬物治療によりがんを治療する内科治療に移行している傾向にあるんだそうです。そうする事で、手術が難しい箇所に出来たがんにも有効に働き、効果が期待できるというものなのですが、日本ではまだ腫瘍内科医は少ないそうです。

「オンコロ先生」の性格や役どころは?

オンコロ先生は奨学金で医学部に進学の後、卒業後は放射線科医でしたが、画像診断で患者を救った経験をきっかけに、がんの専門医になりました。負けず嫌いで大胆な性格ですが、「人を救うのは心」だというポリシーのもと、患者の心に寄り添おうと懸命に努める女医です。

学生時代に知り合った匠(たくみ)と結婚し、息子(漣)がいますが、3カ月前に夫が転倒事故で意識不明の重体になり、気丈に振る舞っているものの、その現実をまだ受け入れられていない状況です。

そんな中、勤務先の病院に消化器外科医歴15年、腕が良いと評判の薫(木村佳乃)が移籍してきて、公私ともに信頼を置ける関係になっていきます。

スポンサーリンク

松下奈緒は結婚したい女性?

今回は有能な女医役を演じる松下さんですが、松下奈緒さんの代表作と言えば、何といっても『ゲゲゲの女房』ですよね。貧乏生活でも気丈に明るく、健気に夫を支える妻役がハマり役で定評を呼びました。

男性は、自分を信じて辛抱してついて来てくれる女性と結婚したい、って思いますよね?そんな理想のお嫁さん像を、ゲゲゲの女房の松下奈緒さん演じる「布美枝さん」は叶えてくれていました。

その他のドラマでも〝明るくしっかり者で情が深い〟イメージの役がぴったりで、松下奈緒さんは「お嫁さんにしたい女優」としても人気が高いです。

スポンサーリンク

松下奈緒の妊娠出産は?

『ゲゲゲの女房』では、結婚して2人の娘を妊娠出産していますが、実際の松下奈緒さんはまだ結婚していません。当然、妊娠も出産もしていないのですが、役の中では〝お母さん〟役もばっちりハマっていますよね。これなら、実際の妊娠出産の時も、落ち着いて対処できそうな感じです。

スポンサーリンク

まとめ

松下奈緒さんの女医役、楽しみですね。これまでの結婚したい女性の役どころとは違い、デキる女医役としての松下さんですが、妻であり母である部分は同じです。新たなジャンルの松下さんの演技も見どころの一つになりそうですね。

 

☆関連記事

アライブの外科医・梶山薫は木村佳乃!離婚や再婚・若い頃の画像がかわいい?

アライブの研修医・結城涼は清原翔!経歴や父親母親兄弟と出演ドラマは?

木下ほうかの嫁や子供は?昔の写真がかわいい!アライブでは腫瘍内科部長・阿久津晃!

小川紗良はハロプロ?似てる人は?アライブでは乳がん患者の佐倉莉子

北大路欣也の年収や性格と親不孝の理由は?アライブでは恩田心の義理の父親役!

アライブのがん患者・高坂民代は高畑淳子! 旦那や元旦那・息子の現在は?

田辺誠一と大塚寧々は仲良し?子供は?アライブでは薫の元上司・須藤進!

アライブ謎の男・関河隆一は三浦翔平! 何者で薫との関係ネタバレは?プロフィールも!

中村俊介の現在と若い頃!アライブでは恩田心の夫・恩田匠!

スポンサーリンク
スポンサーリンク